ワンコのためのブログ 

人生は十人十色。たった一度きりの人生自分の好きなように生きればいい。

ワンコの独り言

皆さん、おはようございます、ワンコです!

 

本日は、だらだらとワンコの独り言です笑

 

ペットショップで仔犬がたくさん売られてるのを見ると、やっぱ子犬は可愛いなーって思いますよねー。

休日なんかは、家族連れで子犬を抱っこしたりしてる光景を見ると、幸せになれば良いなーって感じてしまいます!

 

でもさ、やっぱ、仔犬も時間が経つと仔犬じゃなくなるんですよね。。

 

だんだん大きくなっていくワンコ。

だんだん安く売られていくワンコ。

そして、いつしか居なくなるワンコ。

 

誰かに買われていったなら良いけれど、(安いから買われたって理由だとしたら幸せなのかどうかはわからないけど)

誰にも買われなかったワンコって、どうなるんだろうか。

ブリーダーさんの所に帰るのかな?

それとも、里親探す団体かどこかに引き取られるのかな?

それとも………

 

まー、考えても仕方のないことだし、考えて何もしないなら考えるだけ無駄なんだけど。

 

偽善って言葉が1番嫌いだから笑

話が少し逸れてしまうけど、アンケートとか、街頭インタビューとかであんま考えないで口に出して何かを言う人(あーして欲しいだ、あれは良くないだ)って、思うのは自由だけどさ、思ったことを責任持たずに口に出すって、「買って!買って!」って叫ぶ子供と同じだと思うんだよね笑

 

思うのは自由だし、しっかりと考えたことを意見するなら素晴らしい事だと思うけど、やっぱ突発的に思いたったことをテキトーに話すのは近所の井戸端会議までにしてもらいたいと。

 

あー、話を戻さないと。

うちのワンコは、ブリーダーさんから産まれた情報をもらって頂いたんだけれど、(幸いそのブリーダーさんは、産まれれば行き先がすぐに決まってしまうみたい)仔犬が欲しくて仔犬がくるまで2ヶ月くらいは待ったもんね。

まー待つのも楽しみだと思うし、待つうちに冷めるなら買わない(飼わない)方が良いと思うし。

でもやっぱ、人って飼いたい、買いたいって思ったら何ヶ月も待てないんだよね。すぐ手に入れたいって。

だから、ペットショップ行けば、可愛い仔犬がいる環境を無くすのってやっぱ難しいよね。

 

統計によると、仔犬を買う時の購入先って、圧倒的にペットショップが多いみたい。ブリーダーさんからの購入なんか2割もないみたい。

 

事実としてペットショップが仔犬を買う1番の窓口なんだよ。

ペットショップも商売だから仔犬をどんどん回転させて売っていかなきゃいけないからね。売れなかったら、どうにかするしかないわけさ。言い方が悪いけれど不良在庫をたくさん抱えてたら潰れてしまう。

それをワンコ大好きな人たちが側から見て可愛いそうとかって言うのものなんか違う気もする。ペットショップだって商売なんだもの。

 

でも、その仕組みが変えられるのなら変えた方が良いと思う。

でも、その仕組みが変わったら、多分、ブリーダーさんとかは自分で買い手を見つけなきゃいけなくなるんだよね。そうすると、ブリーダーさんの負担は増えるんだろうなー。

大変になってブリーダーさんの数が減れば、仔犬の数が減る。仔犬の数が減れば仔犬は高くなる。仔犬が高くなれば、安易な気持ちでワンコが飼えなくなる。

この流れが良いことなのか悪いことなのか。

 

今、ワンコを買う敷居が低いのって、ペットショップのおかげってのが大きいと思うんだよね。

難しい問題だよね。ブリーダーさんもペットショップも商売だからね。

 

殺処分とか、すごい可哀想で、有り得ないと思うけど、商売からみたら在庫処分なんだよね。。言い方悪いけどさ。在庫処分が悪いならお店からしたら誰か引き取ってよって話だもん。それかおかしいなら、多分、仔犬を産むブリーダーさんからペットショップの販売まで仕組みを変えないと変わらないと思う。  

 

簡単に仔犬を見れて、簡単に抱っこ出来て、すぐに手に入る環境はこーゆー犠牲があるからなんだって思わなきゃね。

でも、一人の力では無力なことも、多くの意見が集まれば大きな力になるのが今の時代の良いところだと思います。

小さな声でもこだまし続ければ轟く大きな声に変っていくはずだから。

 

皆さんは、どう思っているんでしょうか。

「可哀そう・・・」と見ているだけでは、見捨てているのと同じこと。

まずは、子犬の販売にきまりがあるのかちゃんと調べてみようと思いました!