ワンコのためのブログ 

人生は十人十色。たった一度きりの人生自分の好きなように生きればいい。

ワンコと災害について考えてみた。

ワンコと災害、避難について 

皆さん、おはようございます。ワンコです!

 

 

最近、地震や大雨という天災が多いですよね。

自分の身は自分で守る。そんの事は当たり前だと思いますが、ペットの身は飼い主さんが守ってあげるしかありません。

 

自分の身、家族の身を守るためには? 

・どこに身を隠すかの確認

・避難経路の確認

・非常食等の準備

 

これらの事が重要です。

 

それでは、ペットの身を守るためには?

皆さん、真剣に考えたことありますか?

 

災害が起こった時、ペットをどうするか・・・

一緒に避難をするか。

置いていくか。

 

自宅が崩壊していなければ、自宅でペットと身をひそめることができるでしょう。

その場合は、ペットの非常食(ドックフード等)の備蓄があればなんとかなるかもしれません。

・ペットの食事(ドッグフード等)

・ペットが怖がらないように居られる空間

 

では、自宅から逃げなければいけなくなってしまったら時は?

 

ペットは家族同然。

ほとんどの飼い主さんは一緒に連れて逃げることを選択するはずです。

 

では、避難所等にペットを連れて逃げようと思ったとき、飼い主さんが直面することはなんだと思いますか?

 

まずは、安心できる場所までペットと共に逃げなければいけません。

でも、リードで連れて行くのは難しいでしょう。

 

外は、地震で崩れているかもしれません。

大雨で水浸しかもしれません。

突風でペットが怖がってるかもしれません。

 

そんな環境でペットを連れて逃げるには、抱いて逃げるしかないんです。

抱いて逃げる⇒ゲージにいれて連れていくしかないんです。

 

これが現実です。

 

ゲージにすぐに入れてすぐに逃げる準備が出来ていなければ、ペットともに避難するなんて難しいんです。

 

想像してみてください。

 

あなたは、大雨・突風の中、ペットは抱いて逃げられますか?

あなたは、地震直後にペットを両手で抱いて逃げられますか?

 

まずは、避難するためにゲージをしっかりと用意しておきましょう。

しかも、両手が使えるように肩掛けできるような、背中に背負えるようなバッグ型のゲージが望ましいでしょう。

kurebysh.hatenablog.com

 

自分たち(人間)の避難用品を持ちながらペットも連れて逃げるんですから。

準備に越したことはありません。

 

それでは、無事安全な避難所に逃げられたあとはどうでしょうか? 

・動物嫌いの人がいる環境下でペットを静かにさせなければいけない。

・他の動物が近くにいる環境下で過ごさなければいけない。

・いつもと違った環境下でペットと過ごさなければいけない。

 

そんな状況下になるはずです。

 

○吠えないようにする・・・ふだんと違う環境下、ふだんからおとなしい、躾の行き届いた犬でも、落ち着かずに吠えることは考えられる。

⇒ペットが落ち着ける場所の確保。

○クレートトレーニング・・・クレート(臨時犬小屋)内でおとなしくしていられるように日頃から訓練をしておく。

⇒ そのゲージの用意が必要。

○非常食に慣れさせる・・・避難生活では乾燥ドッグフードを食べなければいけないでしょう。

⇒ドックフードがすぐに持ち出せる準備が必要です。

○他の犬、他の人に慣れさせる・・・大勢の人間、大勢の犬の中で生活します。集団生活に慣れさせておかなければなりません。

⇒1匹になれる空間があれば

 

このような状況に必ずなってきます。

 

万が一、ペットが怖がったりしてその場から逃げ出してしまったら、被災下ではおそらく見つけ出すのは大変でしょう。

 

そんな事にならないためにも、

みなさん一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓その他の避難に役立つペット用品は↓↓↓

kurebysh.hatenablog.com

 

もしもの時のワンコのために。