ワンコのためのブログ 

人生は十人十色。たった一度きりの人生自分の好きなように生きればいい。

ワンコが考える、早期リタイヤで人生にチャレンジしたい。

 

人生にチャレンジしたい!

 

人生は人それぞれ。自分のやりたいことをやる人生も悪くない。

 

結婚して、子供が出来て、子育てに熱中するのも・・・それも人生。

 

せっかくの独身ならば早期リタイヤでやりたいように自由に生きてみたい。

 

時間とお金があればできること。

時間とお金がなければできないこと。

 世界を旅する。趣味に打ち込む。

その実現のために。

 

                       ブログ管理人     kurebysh...

 

まずは、リタイヤ後普通に生活していくために。

 

早期リタイヤして生活していくには、どのくらいの資金が必要なのか。

そして最低限の生活には一体いくらかかるのか。

リタイヤ後の資金をうまく活用できないか。

 

そんな素朴な疑問を一つ一つ解決していくブログ。

 

・早期リタイヤにいくら必要か

・早期リタイヤ後の生活費

 

また完全リタイヤとセミリタイヤではかなり話は大きく変わってくる。

 

※完全リタイヤとは・・・

 早期リタイヤ後一切仕事はせずに収入面では0で生活を送る。

 まさにリタイヤである。

※セミリタイヤとは・・・

 早期リタイヤ後、多少の収入を得るためにアルバイトや自営を行う。

 完全に無収入ではない。

 

~完全リタイヤの場合~

必要費用

150,000円/月

1,800,000円/年

 

40歳リタイヤ 80歳まで生きるとした場合 40年間

1,800,000円×40年=72,000,000円

 

約70,000,00円

 

40歳で70,000,000円の資金を用意するのはかなり厳しい。 

23歳から17年間平均して年間約4,100,000円貯蓄しなければならない。

普通の人にはまず不可能だろう。

 

 しかし、果たして70,000,000円もの大金が完全リタイヤに本当に必要なのだろうか?

完全リタイヤでも70,000,000円をうまく活用していく事は可能である。

株主投資や不動産投資などもその一例だ。

 

その前に、150,000円/月の費用は本当に確かな数字なのだろうか。

持ち家、賃貸によっても大きく変わってくるが、早期リタイヤの場合は賃貸として考えるべきであろう。

住宅費用(水道光熱費含む)・食費・電話代・公的費用(健保など)・・・

これらの費用が一体いくらかかるのだろうか。

 

~必要費用の試算~

住宅費用(水道光熱費含む) 65,000円

食費(自炊含む)      25,000円

電話代・通信費用      10,000円

公的費用          10,000円

計              110,000円

お小遣い          40,000円

計              150,000円

 

賃貸の場合はやはり150,000円/月は必要になってくる。

 

150,000円/月

 

これが1つのポイントになってくる。

 

セミリタイヤの場合は150,000円/月稼ぐことができれば問題ない。

ただ、150,000円稼ぐにはそれ相応の仕事を行わなければならないのでセミリタイヤする意味がなくなってしまう。

 

~セミリタイヤの場合~

 

収入 50,000円/月

必要費用 150,000円/月  差額100,000円

 

40歳リタイヤ 80歳まで生きるとした場合 40年間

100,000円×40年=40,000,000円  ※80歳でも50,000円の収入があることが前提

 

40,000,000円

 

40歳までに40,000,000円の貯蓄ができるのか。

23歳から17年間平均して年間約2,350,000円貯蓄しなければならない。

不可能ではないだろうがなかなか難しい。

 

完全リタイヤで70,000,000円

セミリタイヤで40,000,000円

 

本当にこんなに必要なのか?

 

そもそも、やりたいことをやるための早期リタイヤなのに。

これでは生きるだけの、ただ生きるだけの早期リタイヤになっている。

 

それが間違いである。間違いだと思う。

 

そこの思考を少し変えれば人生はもっと楽になる。

もっと楽しくやりたいことを思いっきりやれる人生が送れるはず。